大学を卒業してから一般企業に就職しました。

卸売の商社で主に韓国などと取引きがありました。そして、お世話になっているバイヤーさんがぜひ韓国に遊びにおいでという事で同僚と一緒に韓国へ旅立つことになりました。

忙しい毎日でしたが、何とか日にちを合わせやっとその日が来ました。

当時、私は働きだした所で貯金はほとんどなく、実家からの仕送りも大学卒業を機になくなっていたので、余裕はありませんでした。

そんな中での切り詰めて旅行代金を用意していました。しかし、何ということでしょう。私達はこともあろうに予約していた飛行機の搭乗時間が変更になっていたことに気付かず飛行機を逃してしまったのです。

別便に変更するしかなく、チケットを再度購入するはめになってしまったのです。 貯金はもうないし、どうしようと考えました。

そういえば銀行でお金が借りれるかもと思い早速空港内のATMでやってみました。初めてでよく分からなかったけど、何とか必要なお金は用意できました。 

帰国してからどんな明細書が届くのだろうとドキドキしていました。旅行中も楽しい事は楽しかったのですが、時々その事が頭をよぎっていました。 

しかし、高い利息がついているわけでもなく、自分の給料でその後返済できホッとした事を覚えています。