先輩からハワイに行かない?との話がきたのは、ちょうど入社2年目のことでした。

普段から、私の世話役の先輩ではあったものの、それまで飲みに行くことはあっても、泊まりで温泉もないし、それがいきなり、ハワイとは一体どういうことだろうか?と不審がりながらも、興味津々でした。

なんでも、某ホテルの1週間のオーナー権利をもっていて、2ベッドルームある部屋が抑えられた、なので、宿泊代はいらず、飛行機代だけで行けてお得だから、誘ってみたとの事でした。

「たった12万円でGWのハワイに行けるんだよ」たった12万円...。

実はその当時、私は一人暮らしを始めたところで、引越やら家具ですっからかん。しかし、12万円も払えない後輩は社会人してどうなんだろう?と思わず見栄が勝ってしまい、「行けます」とすかさず返事をしてしまっていました。

しかし、旅行に行きたいのに、いけないからお金を貸してほしいなどとは、親にいっても、じゃあお金がないなら断れば?で断るだろうし...そこかはら、ひたすらネット検索をしました。

消費者金融は怖いし、銀行ならまだいいかもしれない...。結局のところ比較すると、消費者金融と比べて銀行の目的別ローンは、2,5%の安い金利で借りられることが判明しました。

しかし、そこでしったのは、目的別だと、業者に直接支払われて、私の口座に一端振り込まれることはない、ということでした。

航空券、まとめて先輩はみんなの分買おうといってたし、どうしよう...。

一番大変だったのは、みんなの分買うというのを、予定が合わないなどと、断り続けて、一人で旅行会社にいって銀行から旅行会社に振り込まれるような手続きをとったことでした。

先輩にはお金を借りて参加してるとは、なんとしてもばれたくなかったので。

ハワイはとってもたのしかったですが、それから2年間で10万円きっちり銀行に返しました。利息は数千円だったのですが、普段から貯金すればよかったな、と思った出来事でした。