この歳になって貯金がほぼ無い生活してました。独り者ってことで、欲しい物を好きな様に買たり、旅行したり。貯金出来ない人間です。

そんな私にとっても大事な人ができました。人生のターニングポイントになるだろう人。

その人が精神的な病気で働けなくなってしまい、当然お金に困ってしまいました。(彼も貯金ができないタイプの人だったんです)最初は私からは借りない。

お金の貸し借りはトラブルの基だからと。でも、具合が悪くて働けないんだから仕方ないでしょ。と説得してなけなしの貯金から数十万円を貸しました。

しかし彼の体調は良くならず 働けない時間は延びるばかり。私の貯金もそこをつき、彼を助ける。

働ける私が頑張ればいいんだ!と思ってカードローンに手を出してしまいました。今のカードローンってすごいですね。所得証明がなくてもある程度の額が借りれるんですね。

そして、金利も10%程度の物もあるし。銀行のATMでも、コンビニでも借りたり返したりが24時間可能だなんて、なんて便利なんでしょ(笑たしかにカードローンってのは、良いイメージないですけど急にお金が必要になった時なんかはすごく便利だと思います。

ただ、自分の返済能力をちゃんと考えないとダメですね。

あとで痛いめにあってしまいそうなので、収入と借り入れのバランスはしっかり考えて有効利用しようと思います。