私にはとても仲の良い友達がいます。その友達とは休みの日は必ずといっていいほど一緒に過ごしていました。

カラオケに行ったりボーリングに行ったり旅行に行ったり食事したりと、さまざなことをするときいつも一緒でした。

ある日、その友達と食事に行ったとき私はお金を忘れてきてしまい、その友達からお金を借りることにしました。

その時、私はお金を借りるということが可能だということに気づきました。そこから悪魔の私が姿を現しました。

その日以降、その友達と遊ぶときによくお金を忘れたふりをしてわざとお金を借りるようにしました。しかも借りたお金は 「ごめん!持ってくるの忘れた!」と言ってわざと持っていかずどんどん借金は膨らみました。

しかしこんなことをしていたらさすがの友達も怒るだろうと思い、次なる作戦にでました。それは、財布ごとお金を落として全額なくした。 という嘘の話を持ち出したのです。

それを友達は信じてくれて、お金を貸してあげる、とまで言ってくれたのです。まんまと私の作戦通りにことが進んだのです。

そして結局私は大学生にして100万円近くのお金をその友達に借りました。その友達は「バイトでもしてお金貯まったら返してね。」と優しく言っていました。

もちろん私はお金が貯まっても返す気などさらさらありませんでした。そんな中私は勉強がついていけず大学を留年してしまい、しまいには勉強が嫌で大学をやめてしまいました。

私は大学に多額のお金を費やしてくれた親にとても申し訳ないと思い、自殺をしようと考えました。

このことをあの友達に相談すると「お金借りたよね?まだ返してもらってないよ。」と言われました。そういえばお金を借りていたなと思い出しました。

どうせ死ぬならと思いバイトを始めお金を返し始めました。

今では全額返してさらにはバイトも順調で正社員になりました。今は楽しい毎日を過ごしています。