私は、持病の悪化のために、急に働けなくなってしまったことがあります。

そこで、最初に困ったのはお金のことです。しかし、両親には金銭的に余裕がないことも知っていましたし、兄には借金がありました。身内には頼ることができないと思い、友人にお願いしたのです。

ただ、私自身、どんなに親しい仲だったとしても、お金の貸し借りはしたくないと思っていました。しかし、医療費や生活費のことを考えると、貯金が底を突くのは時間の問題でした。友人にお願いしたところ、快く貸してくれました。

50万円をすぐに用立てしてくれたのです。私は、申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいになりました。この50万円というのは、私のボーナスの手取りの金額です。

働けるようになったら、最初のボーナスで返済すると約束しました。

友人は、私のことを信用して貸してくれていたのですが、けじめが必要だと思い、きちんとした借用書も作りました。友人は、そんなことはしなくても良いと言ってくれましたが、私の気が済みませんでした。

結局、きちんと返済するのに一年もかかってしまいました。利子として、少し上乗せしたかったのですが、友人に拒否されたので、お礼のディナーに行きました。

借金があるという状態が、ずっとストレスでした。お金のことは、なるべく自分だけで解決したいものです。