私は、元来お金使いが荒く、欲しいものがあるとすぐに買ってしまう性格です。30代に入ろうとしたころ、困ったことが起きました。

それは、両親が借金の為、破産寸前になったということです。父親のギャンブルが原因でした。母親がその連帯保証人のため、あおりを食いました。

両親はそのまま、自己破産することになりましたが、家を売却することとなり、同居していた私は住居を失うこととなりました。非常に困りました。

お金使いの荒い私は、貯蓄などありません。しかしカードローンを組むという選択肢は当時はありませんでした。

私は、中学時代の友人で、看護師をしている子に借金をすることに決めました。彼女は、非常に堅実な性格で、お金が貯まらないと決して買い物をしないです。

常に預金が100万円ないと心配でしょうがないようです。彼女に本当のことを話ました。彼女は私の話に納得してくださり、50万円お借りすることができました。

彼女によく話を聞くと彼女はすでに1000万円の貯蓄があるそうです。しかしもう二度とお金は貸さないとも言われました。彼女に貯蓄する方法を伝授してもらいました。

1つ目は、「欲しいものがあっても飛びつかない」ということです。ぱっと感情的に物事を決める癖を無くした方がいいということです。

2つ目は現金主義にするということです。カードはどれだけ貯金があるか判断付きにくいということでした。

私は納得はしましたが、なかなか実践できません。今度はカードローンについて調べてみようと思いました。